「日本中の土で絵を描きたい実行委員会」西へ!


プロジェクトの歴史

20071220

京都大学総合博物館で「土のコレクションボックス(小)」の販売開始

2007427

沖縄県国頭村「やんばる学びの森」のフィールドセンターアータビーにて土展示を作成

2006320

日本ペトロジー学会第50回総会にパネリストとしてカネダヒロコが「日本中の土でを描きたい」プロジェクトについて講演

2006315

環境会議2006年春号に「日本中の土で絵を描きたい」プロジェクトについての記事が掲載

2006224

全国科学館連携協議会研修にゲストスピーカーとしてカネダヒロコが「日本中の土でを描きたい」プロジェクトについて講演

200545

CONFORT別冊「土と左官の本-3」に「日本中の土で絵を描きたい」プロジェクトについての原稿を執筆

200533

教育新聞に「日本中の土で絵を描きたい」プロジェクトが紹介される

20052813

神奈川県横浜市本郷台「アースプラザ」で「自然の絵の具で絵を描こう展」開催

                            →詳細pdf

20041224

新シリーズの土のコレクションボックス(小)完成     →詳細

200499

土観台完成                       →詳細

2004529

神奈川県国際交流協会主催で地域づくりのネットワーク支援を目的とした4回シリーズの「自然の絵の具で絵を描こう」ワークショップが始まる

200463

日本経済新聞に「日本中の土で絵を描きたい」プロジェクトが紹介される

20045131

全日空機内誌「翼の王国5月号に「日本中の土で絵を描きたい」プロジェクトの活動が掲載される

20031024

東京農工大田中氏より高温高圧殺菌済みのガーナとタクラマカン砂漠の土が届く

200368

東京都小金井市回帰船保育園で「小金井の土で絵を描こう」ワークショップを開催

                            →詳細

200344

特製ふるい完成                     →詳細

2003130

「日本中の土で絵を描きたい」実行委員会のマークを「戊(土の兄=つちのえ)」に決める

20021220

土のコレクションボックス(小)完成           →詳細

2002920

「日本中の土で絵を描きたい」サイト公開

2002916

埼玉県東松山市で東松山市主催の「東松山の土で絵を描こう」ワークショップを開催

                            →詳細

2002915

大田区立くさっぱら公園(久が原)でアトリエマーサ主催の「日本中の土で絵を描こう」ワークショップを開催

                            →詳細

2002914

「日本中の土で絵を描きたい」カード完成

     プリントアウトしていろいろなところで配ってね →cards.pdf

2002824

兵庫県立一庫公園で公園主催の「自然の絵の具で絵を描こう」ワークショップを開催

                            →詳細

2002820

東京農工大学田中氏より氷河期・縄文時代・平安時代の土が届く

2002811

土のコレクションボックス(大)完成           →詳細

200279

断続的に日本各地から土が届く(送ってくれてみなさんありがとうございます)

20027

「土集めお願いキット」を作成。日本中にいるカネダ・シモナカ・マツバラの友人たちに送付する。そのとき同封した冊子をスライドショーにしたものがプロローグである

                            →プロローグページへ

                            →冊子PDF

20026

カネダ・シモナカ・マツバラの3人で「日本中の土で絵を描きたい」実行委員会結成

20024

兵庫県立一庫公園ネイチャーセンターの「土の展示」完成

20023

シモナカ「土の展示」のために土を使って絵を描き始める

マツバラ、突然土に目覚める

2001年秋頃

カネダ、液体状に加工されたニカワと出会う。「これはいい!!」

2001年夏頃

カネダ、兵庫県立一庫公園のネイチャーセンターでの「土の展示」を具体的に考えはじめる

2000年秋頃

カネダ・マツバラ、インドネシアでのエコツアーのプランニングに参加すことになりカリマンタン(ボルネオ)へ視察に行く。そこでエルニーニョによっておこった森林火災では樹だけではなくジャングルの土が燃えたということを知り衝撃を受ける

2000年夏頃

カネダ、漠然と土に興味を持っている事をみんなに話す。シモナカそれに反応するが、マツバラなんの反応もなし

1999年夏

シモナカ、ラオスに出かける。現地のこどもたちと絵を描きたいと思ったとき現地の土で絵を描くことを思いつき、こどもたちと一緒に土で絵を描く


プロフィール

「日本中の土で絵を描きたい」実行委員会は、カネダヒロコ・シモナカナボ・マツバラマサヒロの3人によって20026月に結成されました。自分たちが暮らしている地域の土をきっかけに、私たちの暮らしや環境などを考えていきたいと思っています。

活動内容

「土で絵を描きたい」ワークショップを日本各地で開催しています(開催したい方はメールでご相談ください)。土を通して地域の人たちが出会える場をつくっていきたいと考えています。

実行委員プロフィール

カネダヒロコ  :

東京生まれ。「暮らし」をキーワードに自分の人生の中から立ち上がった疑問や必要を起点とした企画制作をしているプランナー。

シモナカナボ  :

千葉生まれ。「関わる」ことをテーマにイラストから立体造型、ワークショップのインタープリターまでこなす造形作家。

マツバラマサヒロ

東京生まれ。「学び」をテーマにグラフィックからインテリア、博物館の展示やwebやワークショップのインタープリターまで幅広くこなすデザイナー。


e-mail claydigitalium.co.jp(☆を@に変更してください)


サイトマップ


トップページ>活動の記録